肝がんになってからでは遅い!明日は我が身!肝がん情報!

肝癌とは、肝臓にできる癌のことです。
そしてこの、肝癌は癌で死亡してしまう方の、
第3位となっている癌なんです。

 

○肝癌について
肝癌とは、実は二つの肝癌があるんです。
一つ目が、肝臓からくる原発性肝癌と、
二つ目が、
肝臓以外のところから、癌が転移してしまう持続性癌に
分けられています。

 

ですが、肝癌は
原発性肝癌が90パーセントをしめており、
肝癌といえば、肝細胞癌という場合がほとんどです。

 

そして、現代の日本での、肝癌の死亡者は
年間で約三万千人といわれています。
肝癌の年間での発症者は
2000年から横ばいの数値ですが、
肝癌によって亡くなられる方は、少しずつではありますが、
減少していっていると言われています。

 

また、肝癌は
癌で死亡してしまう癌の中の、
第3位という高い位置にいます。
なぜかというと、肝癌は再発の可能性が高く、
癌をとりのぞいても、やく80パーセントが
3〜5年間の間に再発してしまうそうです。

 

○肝癌 原因
肝癌は、
慢性肝炎、肝硬変が長引くことによって
肝癌の原因となってしまいます。
ですから、健康体の人には肝癌はなかなか発症しません。

 

また、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスの感染による
関係性もあります。
そして、C型肝炎ウイルスによる原因が多いです。

 

なぜ、関係性があるのかというと、
B型肝炎ウイルスや、C型肝炎ウイルスに感染してしまうと、
慢性肝炎をおこしやすくなり、慢性肝炎になってしまい
長引いてしまうことで、
肝細胞が再生を繰り返し、これによって
肝癌の原因となってしまうのです。

 

ですが、
B型肝炎ウイルスや、C型肝炎ウイルスに感染してしまい、
慢性肝炎や肝硬変の病気になってしまっても、
絶対に肝癌になるわけではありません。
慢性肝炎や、肝硬変が長引くことによって
肝癌になってしまうからです。

 

なので、肝癌は
定期的な検査で、一歩手前の症状を見つけることが出来れば、
防げる場合が多いんですよ。

 

○肝癌 生存率
5年間の肝癌の生存率は
さまざまな癌の中でも、とっても低い数値となっています。
肝癌は、ステージで生存率があり、
ステージT→50%
ステージV→20%
ステージW→10%
とものすごく低いことがわかります。
肝癌は、再発の可能性も高いため、
とてもこわい癌なのです。

 

 

総ビリルビンの情報に詳しいお勧めサイトはこちら
→総ビリルビンを下げる情報サイトへ