非アルコール性脂肪肝と原因と自分でできること

 

非アルコール性脂肪肝は、
何が原因で脂肪肝になってしまうのでしょうか。
お酒をまったくのまないのに…と
思う方も多いですよね。
その原因をまとめてみました。

 

○非アルコール性脂肪肝 原因とは
非アルコール性脂肪肝になってしまう原因、
それは、食べすぎな食事、脂質、糖質のとりすぎな食事
からくるものだったのです。
この食生活のせいで、
肝臓がこれらのものを処理するときに、
多すぎるがゆえ、処理できなくなります。
すると、これらのものは中性脂肪となって
肝臓に溜められていくんです。
つまり、エネルギーとして変えられるはずのものが、
余ってしまい、それが中性脂肪となっていくのです。
その結果、中性脂肪が
溜まりすぎてしまい非アルコール性脂肪肝になってしまうのです。
肝臓の肥満症になってしまったということです。

 

ですが、非アルコール性脂肪肝になってしまった肝臓も
脂肪をたくさん燃やそうとします。
この結果、不完全燃焼物から有害活性化酸素
という有害物質がうまれてしまうのです。
これは、脂肪肝炎のもとになってしまいます。
有害物質は、肝細胞にダメージをあたえ、炎症を引き起こすんです。
そして、放置することで慢性肝炎にもなってしまうのです。

 

自分は、痩せているからといって
非アルコール性脂肪肝は関係がないわけではありません。
実は、無理なダイエットなどで、
栄養バランスが偏りすぎてしまった方も、
非アルコール性脂肪肝を引き起こしてしまいます。

 

○非アルコール性脂肪肝 危険
非アルコール性脂肪肝は、
アルコールを一日1合以下しか飲まない方の脂肪肝のことを言います。
食べすぎ、カロリーオーバーな食事からくる脂肪肝です。
実は、日本人の脂肪肝は
非アルコール性脂肪肝のほうがおおいんですよ。
そして、この非アルコール性脂肪肝のほうが
危険度が増してしまうんです。
重症化してしまうタイプが多いからです。
非アルコール性脂肪肝は、放置してしまうと
肝硬変、肝癌へと進行してしまう場合がおおいんですよ。
ですが、定期的な検査などで
いち早く見つけてあげることで、防ぐことはできます。
中高年の方は特に注意しましょう。

関連ページ

アナタは知ってる?お酒を飲まなくても発症するんです!
こちらでは肝臓の病気を中心に、肝がんや肝脂肪、非アルコール性脂肪肝等の概要や症状・予防法や改善方法などについて説明しているサイトです。もしも今述べた疾患に該当する方は照らし合わせて参考にしてみてください!